第2回
ぽりぽりのサボット射撃(改訂稿)
ぽりぽりのコラムメニューへ戻る

ハスティングのヘビーバレル、1/2ライフリング銃身にリューポルドの3−9ヴァリX兇鮓把蝓これをマリリン(レミントン870マリーンマグナム)に装着しました。
先日、スコープ無しでニッコーで試射してきました。サイト無しカンチレバーで狙っても50Mでは当たるものですね。


ヘビーバレルの銃身の肉厚です。すごい迫力です。結局、元銃身のライフリングを半分残し、銃口付近は削ってもらってツルツルになっています。もったいないぁ〜。


三進の店長さんがスコープを銀色の物を取り寄せて下さったので案外バランスがとれて良かったみたいです。


右が、レーザーボアサイターです。銃口に差し込んで、レーザー光の反射でスコープ調整をするものです。三進さんで調整してもらったスコープとレーザー光の赤点が中心で交差してました。(約8m先) ただ、私も正確な使い方を知りません。お分かりの方がみえましたらご教授下さいませ。
左が、通販で買ったベンチレストです。3,900円でした。プラスチック製で軽く持ち運びは便利ですが、値段相応でしっかりとした委託射撃は出来ません。

今回使用したサボット弾です。ウィンチェスターのスーパーX。一発350円也。高いですが、10発撃つだけでも結構楽しめます。弾自体は、瓢箪型で中央が窪んだかたちをしています。一般的なスラッグ弾と違いプラスチックワッズに包まれた状態でをライフリングで回転させて射出しますので銃身内はまったく汚れません。


一応、弾道計算もしてみました。今回使用の弾は1オンス=28gで約4
32グレインで入力してみました。今回は50mと100m射撃予定ですので、0レンジ55ヤード=50mでとって無風として落下度をみてみました。(こういうのは、理数系のくろさんや師匠が得意そうですね)表示の弾速が1350ft/sec(velocity fps)で遅い弾なのでエネルギーの低いことがわかります。ただ、411m/sec出ていますので音速340m/sは超えています。丁度、散弾の初速と同じぐらいでしょうか?
結果、100mの射撃では落差を気にするレベルではないことが判明しました。さて実射はどうなりますでしょうか!ちなみにこの弾は200mを超える射撃では、20インチ=50cm以上落下します。エネルギーも1/4以下になっているので難しいことが予測されます。


ライフル実包の弾道も表示してみました。流石に300m射撃でも20cm以内の落差で、弾のエネルギーも充分なことがわかります。

さて、ベレッタメンバーズカップ当日となりました。私は、トラップで1番スタートでしたので、終了後の時間がたくさんありましたのでそれを利用して標的も楽しんでしまおうという魂胆です。

大会はおとうたまが取材をして下さるとのことで甘えてしまいました。多分ご自身の写真がないのではないかと思い、おとうの力強い射撃を1枚パチリ。ゼッケン88番、縁起も良いぞ。

お子〜たま2号もパパのがんばりで希望の賞品をGETで満足そう。この子は絶対射撃の道を歩むと思う!賢いお子で将来有望です。韓国のお土産有難うね。師匠もお疲れさまでした。

右の方は、ベレッタプロです。左はいつもお世話になっています、三進日暮里店長です。もちろんお二人はご兄弟です。どんな銃でも当ててしまうところが凄いです。

ライフルレンジです。こんなかたちで一応委託射撃で撃ってみます。
リューポルドのライフルスコープは本当に明るく見やすいです。これ程とは思っていなかったので感激です。一番安いほうのスコープでこの性能だから、高いやつは凄そうですね。


左手は添えないほうが良いみたいです。反動もヘビーバレルですので全然へっちゃらです。標的だけに使うのなら絶対ヘビーバレルですね。ライフルでもそうだと思います。ただちょっと重いですが・・・


斜め前からの写真、デジカメを固定して撮りました、銃身がやたら太いです。このベンチレストはちょっと問題だぞ。足のゴムもすぐとれてしまうしー。今度、サンドバッグ買います。

50mで5発、100mで5発撃ってきました。こちらが、50mのもの。委託固定も不完全で銃身がぐらぐらしながら適当に撃っただけでもこの集弾。クレー1枚内に5発すべて収まりました。スコープ調整に時間をかけて、委託を完全にすれば、散弾銃でも弾痕1ホールも夢じゃないかも・・・?

100mでの5発も一応すべて的に収まりました。これも適当に狙って撃ちました。準備をきちんとすれば、黒点に収められるかも。弾道計算云々以前の結果ですが、初めてにしては自身大満足でございます。

いや〜本当に楽しい1日でした。ご興味のあります方は是非ご一緒に静的も楽しみましょう。大会の空き時間に充分遊べますよ。これからも射撃の幅、楽しさを広げていきたいと思っています。