● おとうの公式参戦記
おとうの公式参戦記メニューへ戻る
第20矢:「険しきかな,国体への道」
 本日は第8次栃木公式のため,那須国際射撃場にお出かけです。今年度那須国際で開催される大会の中で,おとうが都合をつけられる最後の大会なので意地になっての出撃です。例によって練習する間もなく,大会が練習扱いという強行軍での参加です。さて,本日の大会,実はちょっと節目の大会となっております。えっ,日程表の折り目が付いてるところなのかって,違いますヨ,おとうにはまだまだ縁遠いのですが,T木県代表として国体を目指している方にはポイントになる大会なんです。以前紹介しましたとおり,T木県の場合,国体にでるにはまず指定された第1次予選で規定以上の成績をおさめ,その後第2次予選として公式大会の成績良いところ取り600個分のスコアを競い,上位6名が最終的に8月に行われる国体関東地区大会への出場枠をいただけるという寸法になっております。で,この600個分の集計をしていただける最後の日がこの第8次栃木公式の日となっておるわけですな。
 さて,事前に細かく選手の成績データを分析しているMOON統計事務所の推測によると,上位3名程は関東大会出場6人枠はほぼ内定,でもその下の4,5人は残る3つの枠を争っての大混戦模様であろうとのこと!今日の結果次第で泣く者,笑う者,明暗が分かれてしまうようです。むろんおとうは泣く笑う対象には全く入っておりません。
 今日は天気も大変よろしいとのこと,ピーカンあちあちになるようなので,毎度BBQの際に活躍しているワンタッチテント,テーブル,イス,クーラーボックスを積んでの出撃です。これでダッチオーブン持っていったら完璧ですな!(何しにいくんだか・・・)MOON出場予想では今日はさほど参加者がいないだろうということで,MOON先生とゆっくり乗り合いでピクニック出撃とあいなりました。7時30分過ぎに到着すると,既に1,2組目はスタートのご様子。受付に行くと40番台の8組目となりました。(結局この日は後ろに数人だけ足された9組で受付終了,MOON予想的中です)のんびりとテント設営,くつろぎ空間を確保して射撃の開始を待ちます。しかし,環境の整った那須国際射撃場,天気が良いので本当にBBQでもしたい気分です。んっ,家族連れできている射手の方々は後ろの川で釣りを楽しまれているような・・・我が家も連れてくれば良かったかな?そんなこんなでまったりとしているとスタートと時間となりました。この射撃場は自分的にはものすごく撃ちやすい気分にさせてくれます。まあ少なくとも今までの公式の中ではましな結果が出るであろうと思っております。さ〜てとまずは第1R・・・18枚,良いような悪いような微妙なスコアですな・・・でもなんかもうちょっとスコア上げられそうなきがするな。よし,気合いを入れて第2R・・・20枚,ちょっと上がったぞ!正直もう少し集中すればまだまだスコアが上げられそうな気がするゾ!イージーミスさえなければ1,2R共にあと2,3枚はいけたような気がするし!よ〜し,なんか間違えれば80の壁を突破できるかもしれない!・・・・・・人間無欲が大事です。出過ぎたまねを考えると世の中ろくな事はありません。バチがあたります。第3Rはスタート当初からダメダメモード突入,手が付けられません。サービス満点4連,5連の赤団子は奮発するは,明らかに引き金引くタイミングを逃すはで,泥沼の15枚。やはりへなちょこ野郎に80の壁は高く険しくそびえ立っています。毎度おなじみいつものJM仙人の言葉がまたもや頭の中をよぎっていきます。「スコアは撃ち終わってなんぼじゃぞ〜,試合は終わってからなんぼじゃぞ〜・・・」俗人は煩悩に負けまくりです。やはり射撃修行の前に山寺にこもるべきでしょうかネ〜?既に力の抜けきった第4Rはなぜか21枚・・・・こんなもんです。射撃って奥が深いなぁ〜。でもね,何となく何かちょっと意識改革ができた気分ですよ!具体的にココがこう!とかソコがそう!とか言うことはできませんが,いつかは(次はと言えないところが奥ゆかしい)80突破も夢ではない!という希望が芽生えました。スコアよりもなんとなく精神的に成長できた気分になったこの日の公式,ちょっと得した気持ちになれました。
 あ,それと国体第二次選考ですが,結局は600個集計の中でなんと1点差で泣く笑うが分かれることに・・・勝負の世界は厳しいものです。いずれにしても次は関東大会で良い成績をおさめ,国体選手の最終選考に勝ち残り,栄えある栃木県代表として国体本番で大活躍をして欲しいものです。いつかはおとうだって!・・・・想うだけならいいだろう・・・いいでしょ?ネ
 ところで,いっしょに今年度から公式を始めたミ○ボシ仲間のOさんとMさんは本日は大暴れ!Oさんは先日のめでたいBクラス入り確定に続き,今回はCクラス優勝!同じくMさんもBクラス入りを決めるとともに準優勝と二人でワンツーフィニッシュを飾っておりました。おとうがスリーにもフォーにもなっていないのは言うに及びません・・・寂しい